• HOME » 
  • 目的別で探す

目的別で探す

病院を探したい

宮城県内のがんに関する医療施設を探したいときに活用してください。

宮城の医療施設を見る

 

がんに関する相談をしたい

「相談支援センター」は、宮城県内のがん診療拠点病院を含む医療施設、または病院以外の施設内にあります。がんのこと、治療のこと、医療費のこと、今後の療養生活のことなど、がんにかかわる質問や相談にお応えします。 スタッフはがん相談員としての研修を受けた看護師、医療ソーシャル・ワーカー、薬剤師、栄養士、臨床心理士などの専門家で、様々な相談に対応できる連携体制を整えています。かかりつけの病院にあるがん相談支援センター以外でも、誰でも無料で利用できます。 相談支援センターは、患者さんと家族を支えるお手伝いをしていますので、お気軽にご相談ください。相談方法は相談窓口での面接か、または電話でもお受けいたします。

がんについて話したいとき、自分の考えを伝えたいとき、心の悩みを誰かに聞いてほしいとき、療養生活のことについて聞いてみたいとき、家族のことも相談してみたいとき、がんの治療について理解して納得したいとき、生活や経済的なことで心配があるとき

宮城のがん相談支援センターを見る

 

患者会・サロンに参加したい

患者会は「同じ体験や障害、症状など、何らかの共通する患者体験を持つ人たちが集まり、自主的に運営する会」であり、サロンは「患者やその家族など、同じ立場の人が、がんのことを気軽に本音で語り合う交流の場」を指します。ここでは、患者会とサロンを区別することなく「患者や家族などが、同じ立場で心の悩みや体験などを語り合うことができる場」として併記します。がん患者会・サロンは、がんになっても一人で悩まないで、つらい気持ちを共有し合ったり前向きに学び会える場でもあります。詳しい内容や参加方法については、直接各団体や病院にお問い合わせください。

宮城の患者会・サロンを見る

 ■ 患者同士の支え合いの場を利用しよう

リンク:http://ganjoho.jp/hikkei/chapter2-1/02-01-08.html
(参考:独立行政法人国立がん研究センター がん対策情報センター)

 

自宅で療養したい

患者さんと家族が自宅で療養したいときは、様々な制度やサービスが在宅療養を応援してくれます。必要な時には、気軽に相談窓口に連絡をして、上手にサービスを活用してください。

「自宅で療養したい」を詳しく見る

 

希少がんの症例が多い病院を知りたい

院内がん登録に基づき、2年前の集計で5例以上の実績のある病院を複数紹介します。

チラシはこちら(PDFが開きます)

 

医療者と上手にコミュニケーションを図りたい

自分らしく治療・療養生活を送るためには、医療者とコミュニケーションを図り、自分の病状や治療についてしっかりと理解していくことが大切です。よりよい治療・療養生活のために、わからないことがあれば遠慮なく医師や看護師に質問してください。

重要な面談にのぞまれる患者さんとご家族へ(PDF)

 ■ 医療者とよい関係をつくるには

リンク:http://ganjoho.jp/hikkei/chapter2-1/02-01-06.html
(参考:独立行政法人国立がん研究センター がん対策情報センター)

ページの先頭へ