• HOME » 
  • 宮城県のがん医療施設

宮城県のがん医療施設

がん診療連携拠点病院

地域におけるがん医療の連携の拠点として、自ら専門的な医療を行うとともに,他のがん診療を行っている医療機関との連携体制を構築することを目的に整備された医療機関で、手術や化学療法、放射線治療など一定の要件を満たした施設が「がん診療連携拠点病院」として指定されています。宮城県内には、7病院が整備されています。(平成28年4月現在)
がん診療連携拠点病院では,がんの治療だけでなく、地域のがん医療従事者への研修や、がん患者の方へ対する情報提供や相談支援なども行っています。

宮城県内のがん診療連携拠点病院
都道府県がん診療連携拠点病院  宮城県立がんセンター
 東北大学病院
地域がん診療連携拠点病院  仙台医療センター
 東北労災病院
 石巻赤十字病院
 大崎市民病院
みやぎ県南中核病院

宮城のがん診療連携拠点病院を見る

小児がん拠点病院

小児がん拠点病院は、小児と家族が適切ながん医療と支援を受けられる環境を整備することを目的として、「がん対策推進基本計画」に基づいて厚生労働省が指定した施設です。質の高い医療・支援を提供するために一定程度の集約化が必要であることから、全国7ブロックから15施設が指定を受け、東北地区では、東北大学病院が唯一の指定施設となります(平成27年3月時点)。

小児がん拠点病院を見る

がん相談支援センター

「相談支援センター」は、宮城県内のがん診療拠点病院を含む医療施設、または病院以外の施設内にあります。がんのこと、治療のこと、医療費のこと、今後の療養生活のことなど、がんにかかわる質問や相談にお応えします。
スタッフはがん相談員としての研修を受けた看護師、医療ソーシャル・ワーカー、薬剤師、栄養士、臨床心理士などの専門家で、様々な相談に対応できる連携体制を整えています。かかりつけの病院にあるがん相談支援センター以外でも、誰でも無料で利用できます。
相談支援センターは、患者さんと家族を支えるお手伝いをしていますので、お気軽にご相談ください。相談方法は相談窓口での面接か、または電話でもお受けいたします。

宮城のがん相談支援センターを見る

放射線療法

放射線治療とは様々な種類の放射線を用い、正常組織を温存しつつ癌組織の根絶を目指す機能・形態温存に優れる特徴をもつ三大がん治療法のひとつです。体への負担が少ないので御高齢の方、合併症があって手術が受けられない方でも治療を受けられることが多いです。
放射線治療には体の外から放射線を照射する外照射と、放射線を出す小さな線源を病巣付近に入れて体の中から照射する組織内照射や腔内照射があります。そのほかには癌組織に選択的に集まる特徴を持つ非密封放射線物質を内服あるいは血液中に投与する治療法もあります。近年のコンピューター技術の向上により治療精度の大幅な改善がみられ、治療成績の飛躍的な向上がここ10年で様々な疾患で得られています。

施設ごとにできる治療とできない治療がありますので、下のリンクをご参照ください。

http://www.radiol.med.tohoku.ac.jp/chiryo/hospital.html

(東北大学病院放射線治療科)

 

■「放射線治療を受けられるあなたに」(動画/Youtube)

http://www.youtube.com/watch?v=PLVAUDAvdOg&feature=player_embedded

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、かかりつけの病院で納得のいく治療を受けるために、公正な立場にある第三者の専門家の意見を求めることです。セカンドオピニオンを受けることで、主治医の意見を別の角度からも検討することができ、もし同じ診断や治療法を説明されたとしても、病気に対する理解が深まることもあります。また別の治療法を提案された場合には選択の幅が広がることで、より納得して治療に臨むことができるでしょう。
セカンドオピニオンは自費診療で(健康保険は適応になりません)予約を必要としますので、希望する場合はまずは主治医にご相談下さい。

宮城のセカンドオピニオン可能な施設を見る

緩和ケア病棟・病床

「緩和ケア病棟」は、厚生労働省が定めた施設基準を満たし、 地方厚生局等に届出を行った医療機関において、緩和ケアを必要とする患者に対して診療を行う病棟です。「緩和ケア病床」とは、承認はされていませんが、緩和ケアを行う病床のある医療機関を指します。
宮城県内の緩和ケア病棟・病床は以下の通りです。
緩和ケア病棟・病床の利用については、まずは主治医にご相談ください。

宮城県内の緩和ケア病棟・病床を有している医療施設(五十音順)
緩和ケア病棟 東北大学病院
光ヶ丘スペルマン病院
みやぎ県南中核病院
宮城県立がんセンター
緩和ケア病床 石巻赤十字病院
坂総合病院
たんぽぽクリニック
東北労災病院

 

 

▼緩和ケアについて、こちらも御覧ください。▼
緩和ケアってなに?緩和ケアについて知ろう

 

在宅医療

在宅医療とは病院ではなく,住み慣れた自宅などで病気の療養をすることです。外来診察に通いながら治療を続けている場合も含みます。在宅医療では、医師が定期的に訪問診療し、緊急時などに対応します。また、専門的な治療を行った病院の担当医と連携して、必要に応じた入院の手配なども行います。

宮城の在宅医療可能な施設を見る

特集

標準治療について知ろう ~最善の治療を受けるために~
標準治療について知ろう ~最善の治療を受けるために~
標準治療について理解を深め、最善の治療を選択できるよう、東北大学(地域がん医療推進センター、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医)の森隆弘教授が解説します。
「免疫療法」について知ろう
New「免疫療法」について知ろう
「免疫療法」とはどのようなものか、みなさんご存知ですか? 今回は、東北大学病院 腫瘍内科 (東北大学病院がん相談室長)城田英和准教授より免疫療法について解説します。
緩和ケアってなんだろう
緩和ケアについて知ろう
「緩和ケアとか何か?」や「緩和ケアとホスピスの違い」等について、緩和ケア看護学がご専門の東北大学の宮下光令教授にご執筆いただきました。
200床以上のがん治療施設一覧と部位別がん治療対応状況
200床以上のがん治療施設一覧と部位別がん治療対応状況
宮城県内のがん治療施設(大規模病院)のがん治療状況を「手術」「化学療法」「放射線療法」に分け、がんの部位別にまとめました。

TOPページに戻る

ページの先頭へ

TOPページに戻る

目的別にさがす

病院を探したい
がんに関する相談をしたい
患者会・サロンに参加したい
自宅で療養したい
希少がんの症例数が多い病院を知りたい
医療者と上手にコミュニケーションを図りたい

宮城県内のがんに関する医療施設をさがす

医療施設
小児がん拠点病院
がん診療連携拠点病院
セカンドオピニオン
緩和ケア(病棟)
緩和ケア(病床)
在宅医療
がん相談支援センター
患者会・サロン
訪問看護ステーション

がんに関する
イベント・研修会情報

がん患者さん・一般向け
イベント・公開講座情報
専門職向け 研修会情報

がんの基礎知識

がんって何?
診断・治療方法
臨床試験(治験)
がんの予防と早期発見
宮城県がん対策推進計画

がん関連情報をさがす

がん相談支援センター
がん相談支援センター以外の
相談施設
がん患者会・サロンネットワークみやぎ

患者さんの声

私のがん体験記

自宅で療養したい

在宅ケア
在宅医療
調剤薬局
訪問看護ステーション
介護保険サービス
地域包括支援センター
ファミリー・サポート・センター
療養中の困りごと
かつらの貸し出しサービス

療養生活のポイント

がんと仕事
がんと口腔ケア
体調を整えるには
食事と栄養のヒント
排泄とトイレのヒント
休養と睡眠のヒント
気分転換とストレス対処法

緩和ケアについて

緩和ケア
緩和ケアチーム
緩和ケア病棟・病床

お金のことについて

経済的負担と支援について
医療費の負担を軽減したい
収入が少なく、生活が苦しい
がんによる障害を持ったとき

患者さんのご家族と
その周りの方へ

家族ががんになったとき
職場の人ががんになったとき
がんになった家族を持つ子供への対応

市町村・
保健福祉事務所一覧

市町村一覧
保健福祉事務所一覧

リンク集・資料置き場

リンク集
がんに関する資料

かかりつけ医マップ

がん患者さんのための「かかりつけ医」マップ

ホームページの使い方

ホームページの使い方