• HOME » 
  • 「免疫療法」について知ろう

「免疫療法」について知ろう

「免疫療法」とはどのようなものか、みなさんご存知ですか?
今回は、東北大学病院 腫瘍内科 (東北大学病院がん相談室長)城田英和准教授より免疫療法について解説します。

免疫療法とは何か?

まずは国立がん研究センターがん対策情報センターが運営する「がん情報サービス」では「免疫療法」について以下の記載があります。

  • 私たちの体は免疫によって発生したがん細胞を排除しています
    私たちの体は免疫(めんえき)によって発生したがん細胞を排除しています。
    しかし、免疫が弱かったり、がん細胞が免疫にブレーキをかけたりすることにより、私たちの体ががん細胞を異物として排除しきれないことがあります。
  • 免疫療法は、免疫本来の力を回復させてがんを治療する方法です
  • 効果が明らかな免疫療法は限られています
  • 自由診療で行われる免疫療法(広義)では慎重な確認が必要です
  • 免疫療法(効果あり)にもリスクがあります

詳しい内容は、こちらをご覧ください。
 ■免疫療法 まず、知っておきたいこと
リンク:http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/immunotherapy/immu01.html
(参考:国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービス)

近年、免疫療法の一つである抗PD-1抗体、ニボルマブが登場しがん免疫療法が非常に脚光をあびています。他にも類似の抗体薬や抗CTLA4抗体、イピリブマブといった薬剤は免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれます。従来の抗がん剤とは違った仕組みで有効性が示され、自己の免疫細胞を活性化し、がん細胞を攻撃、排除することによって治療効果が示されます。

今までに免疫療法は、がんワクチン、養子療法等が試みられてきましたが、多くの臨床試験にも関わらず、がんに対する有効性は示されませんでした。つまり免疫チェックポイント阻害剤は、初めて治療効果を示すことが証明され、承認を受けた免疫療法の薬剤なのです。
ですから、ここでがんに対する有効性が示されている狭義の免疫療法と自由診療で行われている免疫療法も含む広義の免疫療法の2つの意味があると思います。

がんと免疫の関係について

まずは、がんと免疫の関係について説明します。がん患者さんの免疫細胞は、元気がなくなっていると思っていませんか?実はがん患者さんの生体において、免疫細胞は非常に活性化された状態にあるのです。がんの周辺には、多くの免疫細胞が存在し、大きく2つの役割があります。
一つは、がんを攻撃しがん除去する細胞、もう一つはこれらの攻撃をブロックし、がんの増殖、転移を手助けしている細胞です。攻撃する細胞が強ければ生まれてきたがん細胞は早期に消失しますが、がん患者さんの生体内では、攻撃をブロックする細胞の抑制性の免疫細胞が非常に活性化された状態にあります。
免疫チェックポイント分子というのは、攻撃をブロックする細胞の抑制性の分子でがん細胞を攻撃するT細胞にブレーキをかけがん細胞を守っている分子です。この分子をブロックすることにより本来抑制されていたT細胞が活性化しがん細胞を除去することが可能になるのです。

免疫チェックポイント阻害剤であるニボルマブは平成29年10月時点では、悪性黒色腫、肺がん、腎細胞がん、頭頸部がん、ホジキンリンパ腫、胃がんに治療効果が証明され適応があります。しかしながら現在、多くのがん種でこの薬剤を試す臨床試験が行われており、今後様々ながん種で適応されることが予想されます。
東北大学病院では多くのがん種に対し免疫療法の治験が行われておりますし、興味があれば受診中の病院の主治医や該当の診療科に聞いてみてください。

承認されて間もない薬剤ですが、患者さんの中には非常によく効いて従来の抗がん剤では考えられないほどの長期間コントロール可能な症例も経験しております。しかしながら、治療効果としては残念ながら全ての患者に効果を示すものではなく、その効果は、だいたい2-4割と言われております。現在、どのような患者さんに効くのか、効かないのかを治療前にグループ分けする研究が盛んに行われており、今後はあらかじめ治療効果が予想される患者さんのみへの投与する、個別化医療が進んでいくと予想されます。

副作用はあるの?

副作用に関しても注意が必要です。ニボルマブは比較的副作用が少なく、従来の抗がん剤に比べ使いやすい印象がありますが、今までの薬剤とは全く別の仕組みで治療効果を示すために、わたしたち腫瘍内科専門医は今まで経験したことのない副作用、その治療を行うことになっています。多くの場合、他科との連携が重要です。ですから、この治療を行う場合、経験豊富で他科にも多くの専門医がいる、がん診療連携拠点病院で行うことをお勧めします。

免疫療法は、自由診療?どこで受けることができるの?

自由診療による免疫療法はお勧めできません。過去にも、わたしたちは同様のがんワクチン、養子療法等の免疫療法を基礎、臨床と様々な角度から研究を行ってきました。しかしながら有効性、安全性は確認できませんでした。
また、いくら免疫チェックポイント阻害剤でも、適応承認を得ていないがん種に対し自由診療での投与もお勧めできません。上記のように副作用の中には重篤な症状を呈する場合があり、設備が整った施設でないと対応が難しいことがあるからです。
免疫療法と言っても、一概には言えませんので、まずは主治医に聞いて疑問があれば時にはセカンドオピニオンを求めてみるのがいいかと思います。

※宮城県内のがん診療連携拠点病院については、「がん情報みやぎ」をご覧ください。

がん診療連携拠点病院を見る

特集 特集

標準治療について知ろう ~最善の治療を受けるために~
標準治療について知ろう ~最善の治療を受けるために~
標準治療について理解を深め、最善の治療を選択できるよう、東北大学(地域がん医療推進センター、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医)の森隆弘教授が解説します。
「免疫療法」について知ろう
New「免疫療法」について知ろう
「免疫療法」とはどのようなものか、みなさんご存知ですか? 今回は、東北大学病院 腫瘍内科 (東北大学病院がん相談室長)城田英和准教授より免疫療法について解説します。
緩和ケアってなんだろう
緩和ケアについて知ろう
「緩和ケアとか何か?」や「緩和ケアとホスピスの違い」等について、緩和ケア看護学がご専門の東北大学の宮下光令教授にご執筆いただきました。
200床以上のがん治療施設一覧と部位別がん治療対応状況
200床以上のがん治療施設一覧と部位別がん治療対応状況
宮城県内のがん治療施設(大規模病院)のがん治療状況を「手術」「化学療法」「放射線療法」に分け、がんの部位別にまとめました。
TOPページに戻る

ページの先頭へ

TOPページに戻る

目的別にさがす

病院を探したい
がんに関する相談をしたい
患者会・サロンに参加したい
自宅で療養したい
希少がんの症例数が多い病院を知りたい
医療者と上手にコミュニケーションを図りたい

宮城県内のがんに関する医療施設をさがす

医療施設
小児がん拠点病院
がん診療連携拠点病院
セカンドオピニオン
緩和ケア(病棟)
緩和ケア(病床)
在宅医療
がん相談支援センター
患者会・サロン
訪問看護ステーション

がんに関する
イベント・研修会情報

がん患者さん・一般向け
イベント・公開講座情報
専門職向け 研修会情報

がんの基礎知識

がんって何?
診断・治療方法
臨床試験(治験)
がんの予防と早期発見
宮城県がん対策推進計画

がん関連情報をさがす

がん相談支援センター
がん相談支援センター以外の
相談施設
がん患者会・サロンネットワークみやぎ

患者さんの声

私のがん体験記

自宅で療養したい

在宅ケア
在宅医療
調剤薬局
訪問看護ステーション
介護保険サービス
地域包括支援センター
ファミリー・サポート・センター
療養中の困りごと
かつらの貸し出しサービス

療養生活のポイント

がんと仕事
がんと口腔ケア
体調を整えるには
食事と栄養のヒント
排泄とトイレのヒント
休養と睡眠のヒント
気分転換とストレス対処法

緩和ケアについて

緩和ケア
緩和ケアチーム
緩和ケア病棟・病床

お金のことについて

経済的負担と支援について
医療費の負担を軽減したい
収入が少なく、生活が苦しい
がんによる障害を持ったとき

患者さんのご家族と
その周りの方へ

家族ががんになったとき
職場の人ががんになったとき
がんになった家族を持つ子供への対応

市町村・
保健福祉事務所一覧

市町村一覧
保健福祉事務所一覧

リンク集・資料置き場

リンク集
がんに関する資料

かかりつけ医マップ

がん患者さんのための「かかりつけ医」マップ

ホームページの使い方

ホームページの使い方