• HOME » 
  • イベント・研修会情報 » 
  • りんりんの会総会&第9回Dr.吉田の乳がん講座「治療のあとの話~がんサバイバーシップとは~」

がん患者さん・一般向け イベント・公開講座

終了しました

【2016年4月23日開催】りんりんの会総会&第9回Dr.吉田の乳がん講座「治療のあとの話~がんサバイバーシップとは~」

更新日 : 2016/03/04

りんりんの会(乳がん体験者の会)では、毎年4月に行う総会と合わせて、主治医(大崎市民病院乳腺外科科長)に講師を依頼し、『Dr.吉田の乳がん講座』を開催しております。第9回目となりました今回は、患者が日常の生活に戻った時、あるいは社会に復帰しようとしている時に、立ちはだかる現実と不安との闘いの中で、がんと言う病気と共存し、家族や医療関係者、体験者(ピア)と共にどのように乗り越え、自分らしく、より良く生きようとすることが出来るか(サバイバーシップとは?)などについてお話しをいただくことになりました。また、「健康食品やサプリに関すること」「先進医療について」「生存率について」などの貴重な最新情報もご提供いただく予定です。多くの方々のご参加をお待ちしております。


開催日時:
平成28年4月23日(土)
■総会9:30~10:00 
■講座10:10~12:00(※講座参加受付:10:00~)

会場・場所:
大崎市民病院 3階会議室

対象者:
患者・体験者・ご家族・医療関係者・一般の方・関心のある方はどなたでもご参加できます。

参加費の有無:
500円(資料代・菓子代)

申込方法:
事前申し込み不要です。

連絡先:
連絡窓口:大崎市民病院 相談支援室(大崎市古川穂波3丁目8番1号)
電話:0229-23-3311

主 催:
りんりんの会(乳がん体験者の会)

備 考:
お飲み物は各自ご持参ください。
会員以外の方でも総会から参加可能です。

チラシのダウンロードはこちら(PDF)

がんに関する治療・療法について

標準治療について知ろう ~最善の治療を受けるために~
標準治療について知ろう ~最善の治療を受けるために~
標準治療について理解を深め、最善の治療を選択できるよう、東北大学(地域がん医療推進センター、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医)の森隆弘教授が解説します。
「免疫療法」について知ろう
New「免疫療法」について知ろう
「免疫療法」とはどのようなものか、みなさんご存知ですか? 今回は、東北大学病院 腫瘍内科 (東北大学病院がん相談室長)城田英和准教授より免疫療法について解説します。
緩和ケアってなんだろう
緩和ケアについて知ろう
「緩和ケアとか何か?」や「緩和ケアとホスピスの違い」等について、緩和ケア看護学がご専門の東北大学の宮下光令教授にご執筆いただきました。
TOPページに戻る

ページの先頭へ