医療・保健・福祉従事者向け 研修会情報

終了しました

【10月12日開催】がん患者のケア等に関する研修会

更新日 : 2013/08/05

「がん患者が地域で生活するために、支援者が持つべき心構え」~生きる力を支えるもの~

がんは県民の死因の第一位であり、更なる高齢化の進展に伴い、がんの罹患数及び死亡数は今後も増加していくと推測されることから、今後のがん対策については、死亡者数の減少はもとより、がん患者とその家族の苦痛の軽減と療養生活の質の向上、がんになっても自分らしく暮らせる社会の構築が必要です。
そこで今回の研修会では、がん患者が住み慣れた環境で生活するために、地域の関係者がどのような支援を提供していくかについて、医療・介護等それぞれの役割を踏まえながら考えることを目的とします。ぜひご参加ください。

●講演1.:気仙沼市立病院で実施している,がん対策の現状
講師:気仙沼市立病院副院長
医師 横田憲一 先生
●講演2.:(仮)生活者の視点を踏まえた上で支援者ができることを考える
講師:小笠原内科理事長 日本在宅ホスピス協会会長
医師 小笠原 文雄 先生
●日時:平成25年10月12日(土)
午後2時30分から午後5時
●場所:宮城県気仙沼保健福祉事務所 2階 大会議室
●対象:
医療機関(医師、看護師等)、薬局、介護保険サービス事業所(介護支援専門員、看護師、介護職員、リハビリテーション職員等)、市町関係職員(地域包括支援センター含む)等
気仙沼圏域の方優先となります。
●主催:宮城県気仙沼保健所、東北大学がんセンター先進包括的がん医療推進室 共催:気仙沼市立病院

【参加申し込み・問い合わせ先】
宮城県気仙沼保健福祉事務所(宮城県気仙沼保健所) 成人・高齢班
電話:0226-22-6614  FAX:0226-24-4901(代表)

研修会詳しい内容はこちらからチラシ(PDF)をダンロードください。 

ページの先頭へ

TOPページに戻る

目的別にさがす

病院を探したい
がんに関する相談をしたい
患者会・サロンに参加したい
自宅で療養したい
希少がんの症例数が多い病院を知りたい
医療者と上手にコミュニケーションを図りたい

宮城県内のがんに関する医療施設をさがす

医療施設
小児がん拠点病院
がん診療連携拠点病院
セカンドオピニオン
緩和ケア(病棟)
緩和ケア(病床)
在宅医療
がん相談支援センター
患者会・サロン
訪問看護ステーション

がんに関する
イベント・研修会情報

がん患者さん・一般向け
イベント・公開講座情報
専門職向け 研修会情報

がんの基礎知識

がんって何?
診断・治療方法
がんゲノム医療について
臨床試験(治験)
がんの予防と早期発見
宮城県がん対策推進計画

がん関連情報をさがす

がん相談支援センター
がん相談支援センター以外の
相談施設
がん患者会・サロンネットワークみやぎ

患者さんの声

私のがん体験記

自宅で療養したい

在宅ケア
在宅医療
調剤薬局
訪問看護ステーション
介護保険サービス
地域包括支援センター
ファミリー・サポート・センター
療養中の困りごと
かつらの貸し出しサービス

療養生活のポイント

がんと仕事
がんと口腔ケア
体調を整えるには
食事と栄養のヒント
排泄とトイレのヒント
休養と睡眠のヒント
気分転換とストレス対処法

緩和ケアについて

緩和ケア
緩和ケアチーム
緩和ケア病棟・病床

お金のことについて

経済的負担と支援について
医療費の負担を軽減したい
収入が少なく、生活が苦しい
がんによる障害を持ったとき

患者さんのご家族と
その周りの方へ

家族ががんになったとき
職場の人ががんになったとき
がんになった家族を持つ子供への対応

市町村・
保健福祉事務所一覧

市町村一覧
保健福祉事務所一覧

リンク集・資料置き場

リンク集
がんに関する資料

かかりつけ医マップ

がん患者さんのための「かかりつけ医」マップ

ホームページの使い方

ホームページの使い方